解決事例

Kさまの場合:後遺障害12級13号(右手首骨折後の後遺症)

Kさま(男性)は、自転車でツーリングをしている際、加害車に衝突される事故に遭われました。
右手首などに運動制限や痛みを残して治療が終わったものの、後遺障害が何も認められませんでした。Kさまは、ご自宅から近いこともあり、当事務所に相談にお越しになりました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害異議申し立てを行ないまして、12級13号に認定。今後の対応について現在、一緒に検討しています。
(Kさまのお声はこちら)

Kさまの場合:後遺障害12級5号(左肩の変形障害)

Kさま(男性)は、自転車で信号機のある自転車横断帯を走行中、加害車に衝突される事故に遭われました。
左肩の変形による後遺症で後遺障害12級に認定され、加害者の保険会社から示談金の提示を受けましたが、納得いかなかった一方で、どうすればよいのかわからずに悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の請求を行ないまして、先に224万円の支払いを受けました。こちらを弁護士費用に充てることで、当事務所の顧問弁護士に対応を引き継ぎました。
(Kさまのお声はこちら)

Nさまの場合:後遺障害14級9号(頚部捻挫の後遺症)

Nさま(男性)は、自動二輪車を運転中、渋滞で停止している際に、自動車に追突される事故に遭われました。
任意保険会社には休業損害や治療費の支払いを打ち切られ、また14級の後遺症が認められたにもかかわらず、低い賠償金しか提示されませんでした。紛争処理センターを利用しようと考えたものの、どうすればよいか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の請求を行ないまして、先に75万円の支払いを受けました。気持ちに余裕を持っていただいたうえで、引き続き当事務所で書類作成・サポートを行ない、紛争処理センターにて円満に解決することができました。
(Nさまのお声はこちら)

Sさまの場合:後遺障害14級9号(頸椎捻挫の後遺症)

Sさま(男性)は、会社の同僚が運転している自動車に同乗中、事故に遭われました。
約14ヶ月間、治療を続けるも症状は良くならず、また後遺障害も認められませんでした。Sさまは当初、時間と手間を考えると、後遺障害は諦めていらっしゃいました。
当事務所で後遺障害異議申立書の作成、資料取りまとめなどを行ないまして、14級9号に認定。保険会社とも円満に解決することができました。
(Sさまのお声はこちら)

Wさまの場合:後遺障害14級9号(頚椎捻挫の後遺症)

Wさま(男性)は、自動車を運転中、横断歩道の手前で一時停止した際に、追突事故に遭われました。
任意保険会社は事故後3ヶ月しか対応してくれなかったため、健康保険で治療を続けたものの、思うように良くなりませんでした。
Wさまは、この後どうすればよいかわからずに悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請を行ないまして、14級9号に認定。今後、懇意にしている弁護士に対応をお願いする予定です。
(Wさまのお声はこちら)

Yさまの場合:後遺障害併合14級(頚椎捻挫・腰椎打撲の後遺症)

Yさま(男性)は、駐車場内に停まっていた自動車に搭乗中、加害車に衝突される事故に遭われました。
初めての交通事故であったため、誰に相談していいか?今後どうすればいいか?悩んでいらっしゃいました。
当事務所で継続的なご相談をお受けして、症状固定後、自賠責保険に後遺障害の申請を行ないました。結果として併合14級に認定され、今後は懇意にしている弁護士に対応をお願いする予定です。
(Yさまのお声はこちら)

Nさまの場合:後遺障害14級9号(股関節挫傷の後遺症)

Nさまは、自転車で帰宅中、加害車両に衝突される事故に遭われました。
股関節挫傷による後遺症で後遺障害14級に認定され、加害者の保険会社から賠償額の提示を受けましたが、金額に納得できなかったとのことです。「どうしようか?」と悩んでいたところ、ご友人の紹介で当事務所に相談にいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の請求を行ないまして、先に75万円の支払いを受けました。こちらを元手にして、当事務所の顧問弁護士に対応をお願いして、円満に解決することができました。
(Nさまのお声はこちら)

Uさまの場合:後遺障害併合14級(左肩痛・左膝痛の後遺症)

Uさま(男性)は、自動車にて雪道を運転中、スリップした加害車に衝突される事故に遭われました。
左肩・左膝に痛みを残して治療が終わったものの、後遺障害が認められなかったため、Uさまは、残った後遺症をどうすればよいか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害異議申し立てを行ないまして、併合14級に認定。今後、懇意にしている弁護士に対応をお願いする予定です。
(Uさまのお声はこちら)

Kさまの場合:後遺障害非該当(むち打ち・腰椎捻挫)

Kさま(男性)は、仕事中、自動車を運転していた際に、追突事故に遭われました。
事故後6ヶ月で、保険会社が治療費の支払いを打ち切ったため、「これからどうしようか・・・?」と悩んでいらっしゃいました。
当事務所のサポートのもと、自費による治療を継続し、症状固定後、自賠責保険会社からこの治療費の回収を行ないました。また、後遺障害こそ認められませんでしたが、当事務所で損害賠償額計算書の作成、資料取りまとめなどを行なった結果、円満に解決することができました。
(Kさまのお声はこちら)

Wさまの場合:後遺障害12級13号(半月板損傷の後遺症)

Wさま(男性)は、バイクを運転していた際に、強引に割り込んできたバイクに衝突する事故に遭われました。
保険会社が治療費の支払いを打ち切るなどしたため、後遺障害認定後、一人で対応するのは難しいとお考えになられました。
当事務所で病院関係の資料を集め、書類作成、サポートのもと、円満に解決することができました。
(Wさまのお声はこちら)

« 次ページ   前ページ »