解決事例

Aさまの場合:後遺障害14級9号(腰椎横突起骨折の後遺症)

Aさま(男性)は、自動二輪車を運転中、突然動き出した加害車両に衝突される事故に遭われました。
10ヶ月間におよぶ治療後、腰痛などで後遺障害14級が認められましたが、今後の対応について不安をお持ちでいらっしゃいました。
当事務所で書類一式を取り寄せまして、後遺障害について精査を行ないました。その後、引き継ぎ資料をまとめたうえで、当事務所の顧問弁護士に対応を依頼し、保険会社と円満に解決することができました。
Aさまのお声はこちら

Oさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Oさま(女性)は、自動車を運転中、交差点で信号待ちをしていた際に、追突事故に遭われました。
事故後、症状が思うように良くならず、お世話になった法律事務所に相談に行かれました。そこで当事務所を紹介されて、ご来所いただきました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請を行ないまして、14級9号に認定。その後、弁護士による対応で、無事に解決することができました。
Oさまのお声はこちら

Yさまの場合:後遺障害14級9号(頚椎捻挫の後遺症)

Yさま(女性)は、自動車を運転中、直進専用道路から強引に左折してきた加害車に衝突される事故に遭われました。
その後、頭痛、右腕のしびれなどで後遺障害14級に認定され、加害者の保険会社から賠償額の提示を受けましたが、「とても納得出来る内容ではなかった。」とのことで、ご主人と一緒に悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の請求を行ないまして、先に75万円の支払いを受けました。
また、当事務所が懇意にしている弁護士に対応をお願いして、円満に解決することができました。
Yさまのお声はこちら

Oさまの場合:後遺障害14級9号(ムチウチの後遺症)

Oさま(女性)は、自転車で横断歩道を横断中、一時停止を無視した加害車に衝突される事故に遭われました。
加害車の保険会社は事故後4ヶ月程度で治療を打ち切ったため、Oさまは、今後どうすればよいかわからずに悩んでいらっしゃいました。
当事務所で健康保険を使ってでも治療を続けるようにアドバイスさしあげました。
その後、自賠責保険に後遺障害の申請を行ないまして、14級9号に認定。現在は懇意にしている弁護士に対応をお願いしています。
Oさまのお声はこちら

Kさまの場合:後遺障害12級13号(右手首骨折後の後遺症)

Kさま(男性)は、自転車でツーリングをしている際、加害車に衝突される事故に遭われました。
右手首などに運動制限や痛みを残して治療が終わったものの、後遺障害が何も認められませんでした。Kさまは、ご自宅から近いこともあり、当事務所に相談にお越しになりました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害異議申し立てを行ないまして、12級13号に認定。今後の対応について現在、一緒に検討しています。
(Kさまのお声はこちら)

Kさまの場合:後遺障害12級5号(左肩の変形障害)

Kさま(男性)は、自転車で信号機のある自転車横断帯を走行中、加害車に衝突される事故に遭われました。
左肩の変形による後遺症で後遺障害12級に認定され、加害者の保険会社から示談金の提示を受けましたが、納得いかなかった一方で、どうすればよいのかわからずに悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の請求を行ないまして、先に224万円の支払いを受けました。こちらを弁護士費用に充てることで、当事務所の顧問弁護士に対応を引き継ぎました。
(Kさまのお声はこちら)

Nさまの場合:後遺障害14級9号(頚部捻挫の後遺症)

Nさま(男性)は、自動二輪車を運転中、渋滞で停止している際に、自動車に追突される事故に遭われました。
任意保険会社には休業損害や治療費の支払いを打ち切られ、また14級の後遺症が認められたにもかかわらず、低い賠償金しか提示されませんでした。紛争処理センターを利用しようと考えたものの、どうすればよいか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の請求を行ないまして、先に75万円の支払いを受けました。気持ちに余裕を持っていただいたうえで、引き続き当事務所で書類作成・サポートを行ない、紛争処理センターにて円満に解決することができました。
(Nさまのお声はこちら)

Sさまの場合:後遺障害14級9号(頸椎捻挫の後遺症)

Sさま(男性)は、会社の同僚が運転している自動車に同乗中、事故に遭われました。
約14ヶ月間、治療を続けるも症状は良くならず、また後遺障害も認められませんでした。Sさまは当初、時間と手間を考えると、後遺障害は諦めていらっしゃいました。
当事務所で後遺障害異議申立書の作成、資料取りまとめなどを行ないまして、14級9号に認定。保険会社とも円満に解決することができました。
(Sさまのお声はこちら)

Wさまの場合:後遺障害14級9号(頚椎捻挫の後遺症)

Wさま(男性)は、自動車を運転中、横断歩道の手前で一時停止した際に、追突事故に遭われました。
任意保険会社は事故後3ヶ月しか対応してくれなかったため、健康保険で治療を続けたものの、思うように良くなりませんでした。
Wさまは、この後どうすればよいかわからずに悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請を行ないまして、14級9号に認定。今後、懇意にしている弁護士に対応をお願いする予定です。
(Wさまのお声はこちら)

Yさまの場合:後遺障害併合14級(頚椎捻挫・腰椎打撲の後遺症)

Yさま(男性)は、駐車場内に停まっていた自動車に搭乗中、加害車に衝突される事故に遭われました。
初めての交通事故であったため、誰に相談していいか?今後どうすればいいか?悩んでいらっしゃいました。
当事務所で継続的なご相談をお受けして、症状固定後、自賠責保険に後遺障害の申請を行ないました。結果として併合14級に認定され、今後は懇意にしている弁護士に対応をお願いする予定です。
(Yさまのお声はこちら)

« 次ページ   前ページ »