症状固定とは

症状固定とは

「症状固定」とは、交通事故によって傷害を負った人に対し、治療を続けても現在より症状の改善が期待できない、また治療を中断しても悪化の可能性も考えられない状態になったことを言います。

上の表をご覧ください。事故発生日の痛みや症状の程度を「10(最も重い)」と仮定しています。

事故発生後、治療を受けることにより痛みや症状は軽くなっていきます。 そのまま軽くなっていけば「0(治癒)」となりますが、ある程度の時期を過ぎると治療の効果が出てこなくなる場合があります。 具体的には、治療を受けると一時的には良くなるものの時間が経つと元に戻ってしまう、全体的に見ると痛みや症状に変化のない状態になります。

このような状態を「症状固定」と言い、お医者様と相談して診断されます。

「症状固定」となりますと、それ以降に発生した損害は請求できません。

しかし、自賠責保険に対し後遺障害の申請をして、後遺障害等級が認められますと、治療中に生じた「傷害による損害」にあわせて「後遺障害による損害」も請求することができます。

また、場合によっては、ご自身が加入されている「傷害保険」や「搭乗者傷害保険」、「交通災害共済」等からも後遺障害の保険金を受け取ることができます。

ここで注意が必要なのは、「症状固定」になったにもかかわらず後遺障害と認められなかった場合です。 これを「非該当」と言いますが、この場合「治癒」と同様の扱いとなり、治療中に生じた「傷害による損害」しか請求できません。

一般的に、自賠責保険の後遺障害と認められ「後遺障害による損害」を請求できる場合と、「非該当」によって請求できない場合とでは、賠償額に100万円以上もの差が出てしまいます。
詳細はこちらをご覧ください。

以上のことから、残念ながら「治癒」にいたらずに「症状固定」と診断された場合には、後遺障害の認定が非常に重要であることがご理解いただけるかと思います。

無料電話相談