横浜市 Oさま:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

安藤先生には本当に何から何までお世話になり、ありがとうございました。

私は、娘を駅まで迎えに行く車の運転中、赤信号で交差点の先頭で停止している時に後ろから乗用車に追突されました。

そんなに大きな衝撃ではなかったのですが、明らかに追突されたと分かる衝撃がありました。

相手の方はすぐに警察や保険会社に連絡を取って、誠意のある対応をしてくれましたが、私は警官に事情聴取をされている間にだんだんと左肩に違和感を感じ、翌々日(翌日は医院の定休日だったので)からずっと1週間に3~4日の頻度で整形外科に通院してリハビリを受けました。

3か月くらいして、そういえば自分の加入している保険会社で弁護士特約を付けていたのを思い出し、お世話になったことのある弁護士事務所に相談したところ、安藤先生を紹介されました。

安藤先生は、今私がどういう状況にあって、これから何をしなければいけないのかを順を追って丁寧に説明してくださいました。

私は首筋から左肩にかけて、トリガーポイント注射をしてもらわないと収まらないような痛みをずっと感じていました。

安藤先生の紹介で首のMRI検査を受けて、頸椎ヘルニアがあることもわかりました。

後遺症障害の申請をするにあたっての、私一人では到底準備しきれない書類を全て安藤先生が用意してくださり、14級9号の後遺症障害が認定されました。

その結果をもってしても、相手側保険会社からは満足できる損害賠償金が提示されず、結局は裁判になりましたが、こちらが提示した金額で判決がでました。

安藤先生は説明の後にいつも、「ここまでで何か分からない事はありますか?」と尋ねてくださいます。

なので、質問するタイミングが無くてわからないまま終わるということは一度もありませんでした。

話だけを聞いていると分かったようなつもりになりがちですが、そう質問してくださると「確認したいのですが、こういうことですか?」と切り出すことができます。

そして、自分が勘違いしていることが実に多いので、そのたびに正していただくことができました。

また、その時私は別件で法律がらみの問題を抱えていて、親しい友人にもなかなか相談できないでいたところ、最初は安藤先生にもお話するつもりはなかったのですが、あまりに先生がよく話をきいてくださるので、打ち明けてみることにしました。

先生はかなりの時間を割いて、交通事故とは関係のない私の話にずっと耳を傾けてくださり、私は心のガス抜きまでしていただいたことをこれからもずっと忘れません。

丁寧な対応、細かい気配り、優しい心で接してくださる行政書士の方は他にも大勢いらっしゃるのでしょうか?

私は、裁判の結果も満足ですし、その結果を導いてくださった安藤先生に出会えた幸運にも満足しています。どうもありがとうございました。

(横浜市青葉区 Oさま 女性)