横浜市 Kさま:後遺障害12級5号(左肩の変形障害)

行政書士サポートオフィス横浜  安藤様

この度は大変お世話になりました。

(事故内容)
平成24年4月、自転車で信号機のある自転車横断帯を走行中、左側面から自動車にはねられました。

事故により、左肩関節損傷・打撲で左肩が変形してしまい、病院や整骨院に通院しました。しかし、完治することはなく、半年後、後遺障害12級が認定されました。

保険会社から示談金の提示を受けましたが、初めて見た時には納得がいきませんでした。
ただ、その一方で、どうすれば良いのかも分かりませんでした。

いろいろなホームページを見るうちに、交通事故紛争処理センターがあることを知りまして、行政書士サポートオフィス横浜には、最初、紛争処理センターを利用するためのサポートを受けようと考えていました。

安藤先生に相談していくうちに、紛争処理センターのメリット・デメリットが理解でき、自分がどう行動することがベストなのか判断の幅が広がっていきました。

私は普段の仕事が忙しく、また精神的にも今回の事故が重荷になっていたので、紛争処理センターでの解決よりも弁護士の先生にお願いした方が良いという結論になりました。

安藤先生には、自賠責保険金の請求と弁護士の先生のご紹介をお願いしました。

解決に先立って、自賠責保険から後遺障害12級の保険金(224万円)を受け取ることができ、これを弁護士費用に充てられるようになりました。また、事故対応に強い弁護士の先生を紹介していただき、最終的な交渉にも入ってもらいました。

解決への道筋を示していただいた安藤先生には非常に感謝しております。

事故解決に向けての相談や保険会社への対応をお願いしたことによって、精神的に救われた部分が非常に大きかったです。

人柄も含め、信頼ができる先生にお願いして本当に良かったと思いました。
本当にありがとうございました。

(横浜市金沢区 Kさま 男性)