横須賀市 Cさま:後遺障害併合14級(むちうち・腰椎捻挫の後遺症)

交通事故は、加害者のセンターラインオーバーの正面衝突に近いもので、加害者とこちらのクルマがともに大破するものでした。
我ながら、今でも、「よく死ななかったものだ。」と思います。
ケガは頸椎捻挫・腰椎捻挫で、リハビリに10カ月行きました。

その後、後遺障害の申請を2回するも、いずれも非該当で、認定がおりませんでした。
事故後1年半、「これからどうしよう・・・?」と困っていた時、安藤先生にたどりつきました。

初めてのことで緊張していましたが、安藤先生にお会いして、「一緒に頑張りましょう。」と言われて安心しました。

相談後、資料を集めてまとめていただいたり、病院に書類の作成をお願いしていただいたり、現在の後遺症をまとめていただいたりしました。
再異議申し立てでは認定してもらうことができず、自賠責保険共済紛争処理機構の申請まで行った結果、最後の最後に14級の認定を受けることができました。

そこまで1年少々かかりましたが、安藤先生にはこまめに電話やメールを頂き、アドバイスも受けることができました。

その後、損害賠償の方でも、交通事故紛争処理センターを教えて頂き、スムーズに示談することができました。
ここでも、安藤先生に書類を作成してもらい、アドバイスや激励で安心して臨むことができました。

一時は、「どうすればいいのか?」と頭が真っ白になりました。
しかし、安藤先生のお陰で、示談にまで行き着くことができました。

自分のまわりに同じように困っている人がいたら、先生をご紹介したいと思います。
安藤先生、今まで本当にありがとうございました。

(神奈川県横須賀市 Cさま 男性)