神奈川県 Wさま:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

平成22年4月、事故にあってしまいました。 私がバイクで走行中、追い抜こうとした自動車が、バイクのミラーに接触。バイクが転倒して、私は全身を地面に叩きつけられました。 自動車はそのまま走り去ろうとしたため、思わず「当て逃げだー。」と大声で叫び、周りに捕まえてもらいました。

直後、私は、救急病院に運ばれました。幸いにも命に別状はありませんでしたが、首から左肩にかけて痛みが引きませんでした。  事故後、この救急病院に通いましたが、定期的に診察をして、シップ薬を処方されるだけで、残念ながら、具体的な治療は受けられませんでした。

事故直後より、安藤先生に相談に乗ってもらっていました。 保険会社の対応や、きちんと治療を受けるためにも転院したほうがよいとのアドバイスをもらいました。 事故翌月、アドバイスどおり、自宅近くの整形外科へ転院することにしました。

整形外科では、医者の先生に注射を打っていただき、また、理学療法士の先生には首の牽引や電気治療を、柔道整復師の先生にはマッサージをしていただきました。 患者さんの多い、フレンドリーな整形外科で、先生方にはとてもよくしていただきました。 しかしながら、首や肩の痛みがなくなることはありませんでした。

10月末、保険会社から治療の終了を言い渡されました。 安藤先生には、「まだ痛みが残っている以上、後遺障害の手続きを行いましょう。」とお話をもらい、依頼することにしました。 安藤先生には、医師面談や書類の作成、手続きすべてをお願いしました。 また、安藤先生より、自費であれば治療を続けることは差し支えないとのアドバイスもあり、安心して治療を続けることもできました。

翌年2月、後遺障害14級の認定の通知をもらいました。 認定後も、私の個人的な事情を考えてくれて、弁護士を紹介してもらいました。 後遺障害の認定、損害賠償の請求も任せることができましたので、今後は、自分のことに専念したいと思っています。

初めての交通事故なので、保険会社からの連絡もどのように対応してよいか?また、どこにいけばきちんと治療してもらえるか?わからなく、最初は悩むことが多かったと思います。 安藤先生には丁寧に対応してもらい、無事にここまでくることができました。 安藤先生、本当にありがとうございました。

( 神奈川県 Wさま 男性 )