横浜市 Kさま:後遺障害併合11級(骨折後の後遺症)

交通事故にあって約1年、2度の入院や通院を経て、後遺障害11級が認定されました。

しかし、事故による症状に毎日悩まされ、また、保険会社から計算書をもらったものの、これが正しいのかどうか?今後どうすればいいのか?何もわかりませんでした。

示談交渉に関しては、このようなところからスタートしました。

どこに相談すればよいのかもわからないまま、インターネットでいろいろと調べて、安藤先生のホームページにたどりつきました。

他の行政書士の事務所にも電話しましたが、「電話で話を聞くだけでも料金がかかります。」と突き放されたところもありました。 安藤先生には最初から話を聞いていただき、大変感謝しています。

安藤先生には、
1.11級以上の後遺障害が残った場合は、行政書士ではなく、弁護士の先生にきちんと対応していただいた方が良いこと。
2.11級に認定されている以上、手続きを踏めば、自賠責保険から後遺障害の保険金がおりること。
3. 自賠責保険の保険金を報酬に充てることにより、弁護士の先生に依頼する ことが可能であること。
をアドバイスしていただきました。

安藤先生には、自賠責保険の後遺障害の保険金の請求と、弁護士の先生のご紹介、そして引き継ぎに必要な書類・資料の取りまとめをお願いしました。

安藤先生にはメールで質問させてもらいましたが、きちんと返事をしてくれました。また、大切なことは電話で話をしてくれました。

モヤモヤしていた物がスッキリしました。

自賠責保険から保険金をもらうことができ、また、安藤先生には交通事故に長けている弁護士の先生を紹介していただき、書類・資料を引き継いでもらいました。

ちなみに、この間、保険会社の提示額と弁護士の先生の請求額に、これほどの差があることも思い知らされました。これには正直、とても驚きました。

現在、弁護士の先生のもとで、裁判をスタートさせています。 事故からもうすぐ2年、安藤先生にお願いしてからは、スムーズにここまで来ることができました。

人生の中で、何度も起こることのない「交通事故」です。 まったく「無知」である被害者の私は、どうしてよいのか戸惑うことばかりでした。

安藤先生にはいろいろなアドバイスをいただき、足を運んで正解でした。 これからは弁護士の先生とのお付き合いになりますが、安藤先生には感謝しています。 本当にありがとうございました。

(神奈川県横浜市 Kさま 男性)