東京都 N.Tさま:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

まだまだ寒い日が続いておりますが、安藤先生におかれましては、ますますご健勝のことと存じます。

この度、おかげさまで、交通事故紛争処理センターにおきまして、安藤先生のサポートのもと相手保険会社と円満に解決ができ、示談成立となりました。今後は、気持ちを切り替え、新たな人生を送っていきたいと思います。

このような心境に至ったのも、安藤先生のおかげです。ありがとうございました。

私が、安藤先生に依頼するに至ったのは、突然の事故でムチ打ちになり、その後、後遺症に悩まされ、後遺障害の認定を受けてからのことです。

その頃、首の痛みや手のしびれ、喉の違和感がある中で、仕事と通院に時間を割かれているにもかかわらず、保険会社の提示額はあまりに低く、到底納得できるものではありませんでした。 保険会社に泣き寝入りはしたくないけど、保険会社と交渉できるほどの力もない・・・、どうしようか悩み続けていました。

その後、紛争処理センターの存在を知ったのですが、資料作成の知識や暇もなく、ただ時間だけが過ぎてしまいました。

そこで、「個人で対応するのは、もう限界だ!」と思い、安藤先生にお願いしました。

安藤先生は紛争処理センターの手続きサポートを中心に活動をされているとのことで、豊富な専門知識で手続きは順調に進みました。また、私の心配・不安もすべて解消してくれました。

書類作成においては、私の主張を書類化するにあたり大変工夫されていて、丁寧かつ分かりやすく作成していただきました。

また、保険会社との問題や紛争処理センターについての質問などにおいても、適切な回答をいただき、「安藤先生にいつでも相談すれば良い。」という安心感がありました。

そのため、紛争処理センターでの話合いでは、初めての場所にもかかわらず、とても冷静に対応できました。

その結果、私は、保険会社提示額の約4倍の賠償金を支払ってもらうことができ、また、それによって前向きに気持ちを切り替えられ、今後の見通しを付けられました。

「交通事故の交渉は自分ひとりで行うべきではない。」と改めて痛感しました。紛争処理センターを利用し、安藤先生にお願いして本当によかったです。

つきましては、感謝の気持ちとして、ささやかな品をお送りしました。どうぞご笑納ください。

最後に、今後とも、私のような交通事故被害者のためにご尽力くださいますようお願いいたします。 安藤先生、本当にありがとうございました。

(東京都 N.Tさま 男性)