横須賀市 Kさま:後遺障害14級9号(頚椎骨折後の後遺症)

私が事故にあったのは、H21年5月のことでした。勤務先の上司の車に同乗しての自損事故でした。  頭頂部を20針縫う外傷、さらに頚椎を骨折し、約1ヶ月の入院と6ヶ月の通院となりました。退院後も頭には傷跡が残り、首にコルセットを巻いてのリハビリ生活を余儀なくされました。 しかも、事故の際、上司はお酒を飲んでの飲酒運転でした。事故の代償はとても大きく、その上司は退職、私自身も処罰を受け、会社における将来も失われました。

退院後、加害者となる元上司の保険会社の担当者と何度か会いました。治療終了後、金額の書かれた示談書が送られてきましたが、「乗車したあなたにも非がある。」と言われ続け、金額は非常に少ないものでした。  私自身、初めての事故だったので、「そんなものなのだろう・・・。」と思っていました。ただ、「果たして本当に正しいのだろうか?」とも思い、一度、専門の方に相談してみようと考えました。

安藤先生を知ったのは本当に偶然でした。交通事故のサイトを見比べていたとき、「親切そうな人だな。」と感じたのがきっかけでした。  最初に相談しただけで先生は、私がいかに不勉強であったかを優しく教えてくれました。後遺障害が認定されていない状況、また、認定されなかった理由、異議申し立ての方法を話してくれました。そして、何より私自身のつらい気持ちを、とても親身に聞いていただけました。  具体的なアドバイス、処置をテキパキと実施していただけたのが非常に嬉しかったです。

安藤先生にご指導いただき、後遺障害認定の異議を申し立てまして、14等級に認定されました。 その後、保険会社から提示のなかった休業損害の請求、最終的な交通事故紛争処理センターでの解決までの指針・各書類作成等、とても私一人では対応できなかったであろう事柄を、先生のご助力のおかげでスムーズに乗り越えることができました。  事故から2年7ヵ月、無事に解決することができました。

私自身の仕事が多忙であり、なかなか安藤先生に相談に伺えずに、解決までの期間が長期にわたってしまったのですが、先生は嫌な顔ひとつせず、最後まで親切・丁寧に対応していただきました。

最後に私自身、今回の経験から学ぶことが多く、安藤先生にお会いできて本当に幸運だったと思います。 もし私の家族や友人が交通事故にあってしまったら、ぜひ安藤先生を紹介したいと思います。

安藤先生、長期間にわたりお世話になりました。 ありがとうございました。

(神奈川県横須賀市 Kさま 男性)