横須賀市 I.Kさま:後遺障害併合14級(頚椎捻挫・腰椎捻挫の後遺症)

交通事故に遭うのは10年以上ぶりでしたが、それは交差点で信号待ちをしている際に突然降りかかってきました。
強い衝撃と共に前に押し出され、追突されたという事に気が付きました。

その日の予定は勿論の事、以後の予定等も一斉に狂い出し、通院を続ける日々、拭い切れない身体の違和感、また、過失割合が「10:0」の為、こちらの保険屋さんに前に出てもらう事が出来ず、交渉事への不安、こなさなければならない仕事など、やりきれない感情がストレスとなり悪循環となるばかりでした。

そんな事を通っていた病院の先生に相談した所、安藤先生の事を紹介して頂きました。

以降、全ての手間のかかる手続きは安藤先生の方にお任せし、自分は仕事と治療に専念する事が出来ました。

素人では到底わからないような事もありますので、専門家に任せる事で万事良い方向へ向かって行ったように感じます。

全てが終わるまではそれなりの月日が経過していましたが、私の方で手間のかかるような事は特になく、安藤先生が随時お電話やメールにて助言・報告をして頂け、これといった負担を感じる事なく解決に結びつきました。

また、その解決の落とし所も納得の行くものであり、依頼して良かったと感じております。この度はお世話になりました。

(神奈川県横須賀市 I.Kさま 男性)