藤沢市 K.Mさま:後遺障害併合14級(頚椎捻挫・腰椎捻挫の後遺症)

いつも他人事だった交通事故が、ある日突然、自分の身に降りかかってきました。
「ズドーン」「ベシャ」後ろから変な音がしたかと思った瞬間、ものすごい衝撃が私を襲いました。

最初は何がなんだかわからず、茫然としていましたが、すぐに後ろの車に追突されたのだとわかりました。
後ろの車の運転手は、ブレーキとアクセルを間違えたとのことでした。

すぐに警察を呼び、事情聴取が始まりましたが、徐々に私の身体に変化が出てきました。首・腰・背中に痛みを感じてきました。そして、すぐに救急車を呼び、病院に搬送されました。

痛みはそう簡単にはなくなりませんでした。

そして事故後、初めて知ったのですが、信号待ちをしていて停まっている車に追突された事故の場合、過失割合が10対0のために、自分の保険会社が相手の保険会社に交渉することができないということでした。

そのために、事故の対応は全て自分でしなければなりませんでした。
弁護士特約(弁特)にも入っていなかったので、最初は全て一人でやっていました。

しかし、3ヶ月たっても痛みは全くなくなりませんでした。
しかも、その頃になってくるとだんだん相手の保険会社の態度も変わってきて、だんだんと感じも悪くなってきました。

何もかも自分で抱え、まだ痛いのに治療も打ち切りになるかもしれないという不安で押しつぶされそうになり、どうしようもなくなったときに、ネットで探しだしたのが安藤先生でした。

とても話しやすそうなやさしい笑顔がホームページにありました。

迷うことなく安藤先生へ連絡し、事の経緯を説明し、すぐにお会いしました。

思ったとおりにやさしい対応で、私の肩の荷が下りたようで、ほっとして涙がでてきました。
すぐに安藤先生にお願いして、保険会社への対応、手続きをすべてお任せしました。

そして、新たに通える病院を紹介してもらいました。治療を続けましたが痛みはまだ残っていましたので、後遺症の認定もやっていただきました。

無事に14級がおりまして、その後は弁護士の先生に引き継いでいただき、解決することができました。

ずいぶんと一人で悩んでいましたが、安藤先生との出会いで、全てが楽になりました。
もっと早くお会いできていたらと思いました。

最後になりますが、安藤先生のおかげで14級も無事に取れて本当に感謝しております。
ありがとうございました。

(神奈川県藤沢市 K.Mさま 女性)