横浜市青葉区 Sさまご夫妻:後遺障害14級(頚椎捻挫・腰椎捻挫の後遺症)

私は主人と入籍して15分後、これから結婚式場の打ち合わせに向かう、通いなれた道を2人でバイクで走っていた最中に突然の事故に遭いました。

はじめは何が起きたかわからず、どうしたらいいか分からず、ただおろおろしていました。
主人が警察を呼び、相手と話しているのを呆然と見ていました。

直後は痛みを感じず、そのまま式場に向かいました。

しかし夜になると体に違和感を感じ、翌日整形外科を受診しましたが、対応に満足できず、別の整形外科を受診。

そこで安藤先生の事務所のパンフレットを主人が見つけてきました。

事故後から度々保険会社から連絡があり、あまり感じのいいものではなく2人とも参っていましたが、安藤先生にお願いしてからは電話も全てなくなり、気持ちが少し軽くなりました。

半年ほどの通院後、後遺症認定の申請を行いますが、流れも手順も何もわかりませんでしたが、一つ一つ安藤先生が丁寧に教えて下さり、安心して行うことができました。

主人は2度目の申請で後遺症認定14級が認められました。

その後、私も手術を行い14級が認められました。

この時点で保険会社から損害賠償の一応の提示を受けましたが、到底納得できるものではなく、交通事故紛争処理センターへ相談することを決めました。

紛争処理センターには弁護士の先生もいて、ここから先は自分たちでもできるかもしれないとも思ったのですが、やはり初めての経験であること、後遺症認定において安藤先生のサポートがすべてであったことなどから、引き続き先生に面倒を見ていただくことにしました。

紛争処理センターに提出する書類や心構えなど、やはりお願いしてよかったというのが一番の感想です。

2人だと何をどうすればいいのか、右も左も分からずネットで調べるのが限界だったと思います。

保険会社の不誠実ともとれる対応に気持ちを揺さぶられることもありましたが、安藤先生からの電話やメールなどの丁寧な対応や相談をしていただくことで、事故から2年半近くかかり、ようやく解決をすることができました。

安藤先生とは長いおつきあいになりましたが、終始丁寧で優しく、不安な気持ちを取り除いて下さり、本当に感謝しています。

先生のお力なしにはこの解決はあり得ませんでした。

もし交通事故に遭い、困っている方がいたらぜひとも紹介したい先生です。

本当にありがとうございました。

(横浜市青葉区 S.Nさま 女性)