自由診療と健康保険・労災保険

自由診療と健康保険・労災保険

交通事故による診療でも、健康保険や労災保険を使用することができます。

ちまたでは「交通事故に健康保険は使えない」「交通事故は自由診療」などと言われることがありますが、これは間違いで、交通事故の場合でも健康保険や労災保険を使うことができます。

健康保険や労災保険を使わないで治療することを「自由診療」と言いますが、自由診療では、健康保険や労災保険を使った場合よりも高額の治療費を請求されます。

加害者にお金がない場合や、被害者側にも過失がある場合には、健康保険や労災保険を使うことにより治療費の負担を少なくできるため、結果として被害者に有利となります。

例)被害者の過失が30パーセント、病院で30万点分の治療を受けた場合

病院に支払う治療費総額
・自由診療 1点20円 × 30万点 = 600万円
(自由診療では1点20円~30円が一般的です。)
・健康保険 1点10円 × 30万点 = 300万円

被害者の負担
・自由診療 600万円 × 30%(過失分) = 180万円
・健康保険 (病院の窓口での支払分:3割負担)
300万円 × 30%(3割負担) = 90万円
(70%は健康保険組合が対応します。)
90万円 × 30%(過失分) = 27万円

ただ、その一方で、健康保険の使用をかたくなに拒否したり、健康保険を使えた場合でも診断書の作成を拒否する病院があることも事実です。

健康保険や労災保険を使うのか?使わないのか?
判断のむずかしいところで、ケース・バイ・ケースで考えざるをえません。

無料電話相談