Sさまの場合:後遺障害14級9号(頸椎捻挫の後遺症)

Sさま(男性)は、会社の同僚が運転している自動車に同乗中、事故に遭われました。
約14ヶ月間、治療を続けるも症状は良くならず、また後遺障害も認められませんでした。Sさまは当初、時間と手間を考えると、後遺障害は諦めていらっしゃいました。
当事務所で後遺障害異議申立書の作成、資料取りまとめなどを行ないまして、14級9号に認定。保険会社とも円満に解決することができました。
(Sさまのお声はこちら)