Kさまの場合:後遺障害非該当(むち打ち・腰椎捻挫)

Kさま(男性)は、仕事中、自動車を運転していた際に、追突事故に遭われました。
事故後6ヶ月で、保険会社が治療費の支払いを打ち切ったため、「これからどうしようか・・・?」と悩んでいらっしゃいました。
当事務所のサポートのもと、自費による治療を継続し、症状固定後、自賠責保険会社からこの治療費の回収を行ないました。また、後遺障害こそ認められませんでしたが、当事務所で損害賠償額計算書の作成、資料取りまとめなどを行なった結果、円満に解決することができました。
(Kさまのお声はこちら)