Iさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Iさま(男性)は、ビッグスクーターを運転中、加害車に衝突される事故に遭われました。
治療終了後、任意保険会社は弁護士を立てて、治療費や休業損害の支払いを拒み、さらに後遺障害は「非該当」と回答してきました。
Iさまは、残った後遺症をどのようにすればよいか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害異議申し立てをおこないまして、14級9号に認定。今後、懇意にしている弁護士に対応をお願いする予定です。
Iさまのお声はこちら

Kさまの場合:後遺障害14級9号(頚椎骨折後の後遺症)

Kさま(男性)は、勤務先の上司が運転している自動車に同乗中、事故に遭われました。
後遺障害が認定されず、また、任意保険会社の提示額も非常に少なかったため、後遺症を含めて、今後どのようにすればよいか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害異議申し立てをおこないまして、14級9号に認定。(財)交通事故紛争処理センターで円満に解決することができました。
Kさまのお声はこちら

Hさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Hさま(男性)は、深夜、タクシーに乗車していたところ、交差点で衝突事故に遭われました。
治療を続けたものの、症状がよくなることはなく、「これからどうすればよいの?」と悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請をおこないまして、14級9号に認定。
(財)交通事故紛争処理センターで円満に解決することができました。
Hさまのお声はこちら

Bさまの場合:後遺障害併合14級(むち打ち・腰椎捻挫の後遺症)

Bさま(男性)は、自動車を運転中、交差点で停止していた際に、追突事故に遭われました。
約半年間、通院しても身体の突っ張り、痛み、違和感が治ることはなく、今後の対応や不安、多くの疑問点を抱えていらっしゃいました。
当事務所のサポートのもと、自賠責保険に後遺障害の申請をおこないまして、併合14級に認定。 現在、(財)交通事故紛争処理センターでの話し合いにむけて準備をしています。
Bさまのお声はこちら

Iさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Iさま(男性)は、自動車を運転中、交差点で信号待ちをしていた際に、追突事故に遭われました。
任意保険会社は半年で治療費の支払いを打ち切ったため、どうすればよいかわからずに悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請をおこないまして、14級9号に認定。(財)交通事故紛争処理センターで円満に解決することができました。
Iさまのお声はこちら

Uさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Uさま(男性)は、オートバイを運転中、加害者の信号無視による衝突事故に遭われました。
加害者の保険会社とは話がかみ合わず、対応に行き詰まり、「(保険会社相手に)自分には無理かも・・・。」と悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害の申請をおこないまして、14級9号に認定。 現在は、懇意にしている弁護士に対応をお願いしています。
Uさまのお声はこちら

Cさまの場合:後遺障害併合14級(むち打ち・腰椎捻挫の後遺症)

Cさま(男性)は、自動車を運転中、センターラインをオーバーした加害車に衝突される事故に遭われました。
加害者の任意保険会社が後遺障害の申請、異議申し立てをおこなうも、「非該当」として認定されず、後遺症をかかえて今後どのようにすればよいか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で後遺障害再異議申し立て、紛争処理機構への申請をおこないまして、併合14級に認定。(財)交通事故紛争処理センターで円満に解決することができました。
Cさまのお声はこちら

Oさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Oさま(男性)は、自動車を運転中、交差点で左折しようとしていた際に、加害車に衝突される事故に遭われました。
任意保険会社のすすめで後遺障害の申請をおこないましたが、「非該当」として認定されず、残った後遺症をどのようにすればよいか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害異議申し立てをおこないまして、14級9号に認定。(財)交通事故紛争処理センターで円満に解決することができました。
Oさまのお声はこちら

Nさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Nさま(男性)は、自動車を運転中、無免許運転の加害車に衝突される事故に遭われました。
任意保険会社が治療費の支払いを打ち切ったため、やむをえず後遺障害の申請をおこないましたが、「非該当」として認定されず、今後どうすればよいか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害異議申し立てをおこないまして、14級9号に認定。(財)交通事故紛争処理センターで円満に解決することができました。
Nさまのお声はこちら

Aさまの場合:後遺障害14級9号(腰椎捻挫の後遺症)

Aさま(女性)は、自動車を運転中、交差点で信号待ちをしていた際に、追突事故に遭われました。
任意保険会社は半年もしないうちに治療費の支払いを打ち切り、しかも弁護士を立ててきました。
当事務所で治療の継続をアドバイスし、半年後、自賠責保険に後遺障害の申請をおこないました。結果として14級9号に認定され、今後、円満に解決するための対応を検討しています。
Aさまのお声はこちら

Wさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Wさま(男性)は、スクーターで走行中、これを追い抜こうとした自動車がスクーターに接触し、転倒する事故に遭われました。
任意保険会社は半年で治療費の支払いを打ち切ってきましたが、当事務所が、医師面談などを経て、自賠責保険に後遺障害の申請をおこないました。
後日、後遺障害14級9号に認定され、現在は懇意にしている弁護士に対応をお願いしています。
Wさまのお声はこちら

Kさまの場合:後遺障害併合11級(骨折後の後遺症)

Kさま(男性)は、オートバイを運転中、転回禁止場所を強引に転回してきた加害者に衝突されました。
後遺障害併合11級に認定され、加害者の保険会社から賠償額の提示を受けましたが、今後どうすればよいのか悩んでいらっしゃいました。
当事務所で自賠責保険に後遺障害保険金の支払請求をおこないまして、先に331万円を手に入れました。
現在、その一部を弁護士費用の着手金にして、当事務所が懇意にしている弁護士に対応をお願いしています。
Kさまのお声はこちら

Yさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Yさまは、お子様を乗せて自動車を運転していた際に、追突事故に遭われました。
加害者の任意保険会社は最終的に弁護士を立ててきましたが、当事務所で書類作成・サポートのもと、紛争処理センターで円満に解決することができました。
Yさまのお声はこちら

Kさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Kさま(女性)は、自動車で丁字路を右折しようとした際に、追突事故に遭われました。
任意保険会社の担当者の態度、提示額に疑問を感じ、直接、話し合うのでは解決が難しいとお考えになられました。
当事務所で書類作成・サポートのもと、紛争処理センターで円満に解決することができました。
Kさまのお声はこちら

Nさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Nさま(男性)は、お仕事で自動車を運転していた際に、玉突き事故の被害に遭われました。
任意保険会社の提示額は低く、納得できなかったものの、どうすればよいかわからずに悩んでいらっしゃいました。
当事務所で書類作成・サポートのもと、紛争処理センターで円満に解決することができました。
Nさまのお声はこちら

Wさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Wさま(女性)は、ご主人運転の自動車に同乗していた際に、追突事故に遭われました。
後遺障害14級9号認定後、ご主人と「(悔いが残らないように)もう少し頑張ってみよう!」と相談されて、当事務所にご依頼いただきました。
当事務所で書類作成・サポートのもと、紛争処理センターで円満に解決することができました。
Wさまのお声はこちら

Aさまの場合:後遺障害14級9号(むち打ちの後遺症)

Aさま(男性)は、自動二輪車を運転中、交差点で信号待ちをしていた際に、スクーターに追突されました。
任意保険会社の提示額は明らかに出し渋ったもので、また、担当者は計算根拠も教えてくれなかったそうです。このため、直接、話し合うのでは解決が難しいとお考えになられました。
当事務所で書類作成・サポートのもと、紛争処理センターで円満に解決することができました。
Aさまのお声はこちら

無料電話相談