損害賠償請求権の消滅時効とは

交通事故による損害賠償請求権などを一定期間行使しないでいると、法律上、権利が消滅して行使することができなくなる場合があります。 これを「消滅時効」と言います。

詳細ははぶきますが、交通事故から2年を経過すると権利を行使できなくなる場合がありますので、このあたりから「消滅時効」を意識するとよいかもしれません。

なお、加害者に任意保険会社が付いていて、治療費等を支払ってもらっている限りは、「消滅時効」を意識する必要はないかもしれません。(任意保険会社が治療費等を支払うことにより、反射的に権利を行使していると考えることができるためです。)

無料電話相談