HOME >  業務ご案内

業務ご案内

行政書士業務ご案内

行政書士法の規定と範囲に基づき業務を行います。

  • 交通事故に遭ったけどこれからどうすれば良いの?
  • 交通事故により身内が亡くなってしまった・・・。
  • むち打ち症(頚椎捻挫)や腰椎捻挫で治療中に、相手の保険会社に治療費の支払いを打ち切られてしまった・・・。
  • 自賠責保険に保険金の請求をしたいが、どうしてよいのかわからない。
  • むち打ち症(頚椎捻挫)や腰椎捻挫で後遺症が残ったけど、自賠責保険では後遺障害として認めてもらえなかった。
  • 相手の保険会社から後遺障害が認められたと言われたけど・・・、これが正しい認定なの?
  • 後遺障害が認められたけど、示談よりも先に少しでもお金をもらうことはできないの?
  • 相手の保険会社から賠償額の提示があったけど・・・、これが正しい額なの?これからどのようにすればいいの?

行政書士サポートオフィス横浜の目標は、「交通事故の円満な解決」です。

被害者・加害者(保険会社)ともに歩み寄ることによって円満に解決し、交通事故に区切りをつけ、元の日常を取り戻していただければと考えております。

具体的な業務としては、頚椎捻挫(むち打ち症)や腰椎捻挫の方を中心に、自賠責保険請求手続き(被害者請求、後遺障害異議申立て)(財)交通事故紛争処理センター提出書類作成・サポートを主にさせていただいております。

【 業務早見表 】

  • 治療が終わった方(治 癒)
    ・自賠責保険請求手続き(傷害による損害)
    ・任意保険会社に対する請求(損害賠償額計算書など)
  • 後遺障害の等級が非該当だった方
    ・自賠責保険請求手続き(傷害による損害)
    ・自賠責保険請求手続き(後遺障害異議申し立て)
    ・任意保険会社に対する請求(損害賠償額計算書など)
  • 後遺障害の等級が12級、14級の方
    ・自賠責保険請求手続き(後遺障害による損害)
    ・自賠責保険請求手続き(後遺障害異議申し立て)
    ・交通事故紛争処理センター提出書類作成・サポート
  • 後遺障害の等級が11級以上の方
    ・自賠責保険請求手続き(後遺障害による損害)
    ・自賠責保険請求手続き(後遺障害異議申し立て)
    ・損害額調査~弁護士への引き継ぎ
  • ご親族様がお亡くなりになった場合
    ・自賠責保険請求手続き(死亡による損害)
    ・損害額調査~弁護士への引き継ぎ

報酬額・費用について

■ ご相談(初回ご相談は無料です)
  2,500円(30分)+消費税
ご相談者様のお話しをお聞きして、解決までの流れや今後の方向性をご説明します。また、当事務所でサポートできる業務もご提案いたします。
現在、初回ご相談(60分まで)は「無料」とさせていただいております。
 
なお、今後の方針・方向性についてのご相談がメインとなります。このため、個別具体的な書類の作成方法などのご相談は、お受けできない場合もございます。(当事務所の書類作成業務となりますことをご了承ください。)

■自賠責保険請求手続き(後遺障害がない場合)
 手数料30,000円~+消費税+費用
「自賠責保険会社へ請求したいけど、書き方がわからない・・・。」
「時間もかかるし、手続きが面倒だな・・・。」
 
このような方のために、当事務所が申請書類の作成から提出、自賠責保険会社や損害調査事務所の対応まで、代理しておこないます。

■自賠責保険請求手続き(後遺障害がすでに認定されている場合)
 手数料50,000円~+消費税+費用
「事前認定で後遺障害がすでに認定されている・・・。」
「今後、弁護士にお願いしたいけど、先立つものがない・・・。」
「少しだけでもお金を先にもらいたい・・・。」
 
このような方には、自賠責保険後遺障害保険金を先に手に入れることが可能です。
当事務所が、申請書類の作成から提出、自賠責保険会社や損害調査事務所の対応まで、代理しておこないます。
また、今後の対応方法(加害者の任意保険会社への請求)などのアドバイスもさしあげ、必要に応じて、信頼できる弁護士もご紹介します。
Kさまのご感想(お客様の声)をご覧ください。
 
なお、後遺障害異議申し立ては含まれません。(あくまでも後遺障害保険金の請求(損害賠償額の支払請求)のみをおこないます。)

■自賠責保険請求手続き(後遺障害申請手続き)
 着手金50,000円~+成果報酬(自賠責保険金の1~15%)+消費税+費用
「お医者様から症状固定と言われて、後遺障害の申請をしようと思うけど・・・。」
「後遺障害の認定に必要な書類って・・・?」
「加害者の任意保険会社には手続きを任せたくない・・・。」
 
このような方のために、自賠責保険会社にたいして、後遺障害等級認定の申請をおこないます。
経過診断書や診療報酬明細書などを確認して、お客様の事情をうかがったうえで、後遺障害等級認定に必要な書類を用意します。また、場合によっては、医師面談・医療照会もおこないます。
さらに、申請書類の作成から提出、自賠責保険会社や損害調査事務所の対応まで、当事務所が代理しておこないます。
 
なお、1回の申請で後遺障害が認められなかった場合は、引き続き「後遺障害異議申し立て」をおこないます。(報酬は上記に含まれます。)

■自賠責保険請求手続き(後遺障害異議申し立て)
 着手金50,000円~+成果報酬(自賠責保険金の1~15%)+消費税+費用
「むち打ちや腰椎捻挫で後遺障害に認定されなかった・・・。」
「認定された等級に不満がある・・・。」
「加害者の任意保険会社に任せずに異議申し立てをしたい・・・。」
 
このような方のために、自賠責保険会社にたいして、後遺障害異議申し立てをおこないます。
後遺障害診断書や等級認定票、経過診断書などを確認して、お客様の事情をうかがったうえで、異議申立書など必要な書類を作成します。また、場合によっては、医師面談・医療照会もおこないます。
さらに、申請書類の作成から提出、自賠責保険会社や損害調査事務所の対応まで、当事務所が代理しておこないます。
 
なお、異議申し立てで後遺障害が認められなかった場合は、ご希望により、自賠責保険・共済紛争処理機構にたいして、紛争処理の申請をおこないます。(報酬は上記に含まれます。)

自賠責保険請求手続き・後遺障害申し立て

■自賠責保険請求手続き(死亡による損害)
 150,000円~300,000+消費税+費用
自賠責保険死亡保険金を先に手に入れることが可能です。
当事務所が、相続人の調査から資料取りまとめ、申請書類の作成・提出、自賠責保険会社や損害調査事務所の対応まで、代理して行ないます。
 
また、今後の対応方法(加害者の任意保険会社への請求)などのアドバイスもさしあげ、必要に応じて、信頼できる弁護士もご紹介します。
Mさまのご感想(お客様の声)をご覧ください。

交通死亡事故でお困りの方へ

■損害賠償額計算書作成
 作成料30,000円~+消費税+費用
「保険会社から賠償額の提示があったけど、これで正しいの?」
「自分の場合は、保険会社にいくら請求できるのだろう・・・?」
 
おもに後遺障害を残さなかった方(傷害のみの方)を対象として、損害賠償額計算書を作成します。
保険会社の提示金額などを確認したうえで、作成していきます。
この計算書をもって、お客様と保険会社とで損害賠償額についてお話しいただきます。
 
なお、損害賠償額の増額による成果報酬はございません。

■(財)交通事故紛争処理センター提出資料取りまとめ・サポート
 手数料50,000円~+消費税+費用
「保険会社との話し合いがまとまらなかった・・・。」
「紛争処理センターへ行こうと思うけど、何を準備すればいいの・・・?」
「紛争処理センターでの解決を、バックからサポートしてほしい。」
 
おもに後遺障害12級、14級が認定された方を対象として、(財)交通事故紛争処理センターに提出する資料の取りまとめをおこないます。
 
また、紛争処理センターでの解決まで、継続してご相談に応じます。
さらに、必要に応じて、損害賠償額計算書も作成します。
当事務所の資料、アドバイスをもって、紛争処理センターで安心してお話しいただけます。
なお、損害賠償額の増額による成果報酬はございません。

むち打ち(頚椎捻挫)・腰椎捻挫で後遺障害が認定された方へ

【報酬額について】
交通事故の事案、作成する書類の枚数、難易度により、最終的に決めさせていただきます。

初回ご相談の際に、当事務所でサポートできる業務をご提案し、合わせて報酬額についてもお示しいたします。
ご理解・ご納得いただいてから、ご依頼ください。また、ご不明の点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

【お支払いについて】
当事務所名義の口座へお振り込みください。(振込手数料はご負担ください。)
楽天銀行 ジャズ支店 普通預金口座

【成果報酬について】
自賠責保険請求手続き(後遺障害申請手続き・異議申し立て)については、後遺障害が認定されなかった場合や上位等級に認定されなかった場合は、成果報酬はいただきません。ただし、着手金はお返しできませんのでご了承ください。
なお、後遺障害や上位等級の認定がむずかしいと考えられる場合には、ご相談時にその旨お伝えします。
成果報酬は、受け取った自賠責保険金の中から、契約書に記載したパーセンテージ(1%~15%)の分だけいただきます。あらたにご用意いただく必要はございませんので、ご安心ください。

【費用について】
交通費や文書料、通信費などは、実費をいただきます。
原則、終了時にまとめて精算させていただきます。

【弁護士費用等特約について】
お客様ご自身もしくは同居のご親族などが、自動車保険の「弁護士費用等担保特約」をつけていた場合、行政書士に対する報酬などが補償の対象になる場合があります。
ご依頼の際には、自動車保険を確認されてみることをおすすめします。(「弁護士費用等担保特約」は、保険会社の事前の同意が必要です。また、保険会社により対応が異なりますので、詳細は当事務所へお問い合わせください。)

【最後に】
初回ご相談(60分まで)は無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。
また、上記以外の業務についても、お気軽にお問い合わせください

無料電話相談