後遺障害 認定のメリット

後遺障害が認定されることのメリット

まず、こちらの表をご覧ください。

後遺障害が認定されなかった場合、14級に認定された場合、12級に認定された場合をそれぞれ比較したものです。

後遺障害 認定のメリット

ご覧いただいて分かるように、

・[認定されない]のと[14級と認定]された場合では、約186万円

・認定されても[14級]と[12級]とでは約500万円も違ってしまいます。

例えば、むち打ち症(頚椎捻挫)の場合、この14級と12級の違いは・・・

14級:局部に神経症状を残すもの
12級:局部に頑固な神経症状を残すもの

というものです。

後遺障害に認定されない場合はもちろん、軽い後遺障害と認定されると、本来受けることができるはずの賠償額を受けることができなくなってしまいます。

自賠責保険請求手続き・後遺障害申し立て