解決方法

解決方法その1:示談

示談とは、当事者間の話し合いで、損害賠償の責任があるのかどうか、あるとしたら賠償額はいくらか、支払方法はどのようにするか等の取り決めを行ない、解決を図る方法です。

当事者間の話し合いで合意すれば解決となるので、一般的には示談によって解決を図ることが多いと言われています。

示談は短期間に解決でき、また加害者に任意保険会社が付いている場合には、示談締結後、速やかに賠償金が振り込まれるというメリットはあります。

しかし、示談という相手方のある慣れない話し合い(交渉)を強いられるため、必ずしも満足のいく結果で終わるとは限りませんので、この点は注意が必要です。

解決方法その2:交通事故紛争処理センター

正式には「公益財団法人交通事故紛争処理センター」と言う法人で、「紛セン」や「紛セ」などと略されます。

交通事故紛争処理センターは、交通事故に遭った被害者または加害者の面接相談をとおして、嘱託弁護士による交通事故の相談、和解の斡旋、審査を行ないます。

当事者間において損害賠償などの問題について解決が図れないときに、交通事故紛争処理センターは公正、中立の立場で、紛争を解決するために力を貸してくれます。

最寄りのセンターは、東京都新宿区にある東京本部となります。
(財)交通事故紛争処理センターのホームページ

詳細は、「交通事故・サポートオフィス横浜 紛争処理センターご説明サイト」をご覧ください。

むち打ち(頚椎捻挫)・腰椎捻挫で後遺障害が認定された方へ

解決方法その3:交通事故相談センター

正式には「公益財団法人日弁連交通事故相談センター」と言う法人で、全国の弁護士会が協力する交通事故専門の相談所です。
弁護士による交通事故相談、示談斡旋、審査を無料で行なっています。

最寄りの相談所は、横浜市中区にある横浜相談所となります。
詳細は(財)日弁連交通事故相談センターのホームページをご覧ください。

解決方法その4:調停

当事者では示談が成立しない場合や相手方が示談に応じない場合など、当事者間では話し合いがつかないときは、簡易裁判所に調停を申し立てることができます。

調停は、裁判官と調停委員とで構成される調停委員会の斡旋のもとに話し合いを行ない、実情に即した妥当な解決を図る制度です。

調停は、裁判と異なり申し立ての手続が簡単で費用も安く、しかも第三者を交えて弾力的な話し合いが行なわれます。

都筑区を管轄する簡易裁判所は、横浜市神奈川区にある神奈川簡易裁判所になります。
詳細は裁判所のホームページをご覧ください。

解決方法その5:裁判

訴訟とは示談、調停等で解決を図ることができない場合、最後の手段として裁判所に訴えを起こし、裁判により解決を図る方法です。

裁判

一般に裁判になると費用や日数が掛かるという心配がありますが、交通事故に関する裁判は、他と比べると迅速に審理が進められていて、また、訴えを起こして判決までいたれば、交通事故発生日から年5パーセントの遅延損害金や損害賠償額の10パーセント程度の弁護士費用を相手方から取ることができますので、示談、調停等よりも、弁護士に依頼して裁判をした方が有利に解決できる場合も多々あります。

都筑区を管轄する裁判所は、横浜市神奈川区にある神奈川簡易裁判所または横浜市中区にある横浜地方裁判所(本庁)になります。
詳細は裁判所のホームページ横浜弁護士会のホームページをご覧ください。