事故に遭ってしまったら

もし交通事故に遭ってしまったら・・・

事故に遭ってしまったら

  • けが人の救護と道路上の危険除去
  • 警察への届け出
    届け出を怠ると「交通事故証明書」が交付されません。
    「人身扱い」の届け出をすることが大切です。
  • 相手方の確認
    加害車両と加害者を車検証、免許証により確認します。
    勤務先の名前、住所も確認できるとよいでしょう。
  • 事故の目撃者、証拠の確保
    後日争いとなった場合に、証拠が必要となることがあります。
    目撃者の氏名、連絡先を聞いておきましょう。
  • 事故状況の記録
    現場の様子や記憶は、日を追うごとに薄れてしまいます。
    自分で現場や事故の経過を記録しておきましょう。
    確認事項:日時、場所、状況、相手方、届け出警察署・担当官等
  • 自身の保険会社・保険代理店に事故の連絡
  • 医師への受診
    必ず医師の診断を受けるようにしましょう。
  • 健康保険、労災保険の検討
    交通事故による治療でも健康保険、労災保険を使うことができます。
    よく言われる「自由診療」と比べ、治療費をおさえることができます。
  • 「交通事故証明書」の取り寄せ
    事故状況の再確認と自賠責保険被害者請求の際に必要となります。
    申請用紙は最寄りの警察署、交番にあります。
  • 支払状況の記録と領収証の保管
    交通事故に関係する支払いだとしても、何でも請求できるわけではありません。
    これを念頭に置きながらも、交通事故にともなう支払いは、領収証を保管して正確に記録しておきましょう。

無料電話相談