自賠責保険・任意保険について

自賠責保険とは

正式には「自動車損害賠償責任保険」と言い、「自動車損害賠償保障法(自賠法)」に基づき、自動車による人身事故の被害者を救済するために、ほぼ全ての自動車について契約する事が義務付けられている保険です。いわゆる「強制保険」と言われているものです。

被害者保護の観点から保障制度的な要素が強く、また、多くの請求を迅速かつ公平に処理する必要性もあるため、支払基準について定型化・定額化されています。

自賠責保険の特色や支払基準については、損害保険料率算出機構のホームページをご参照ください。

任意保険とは

交通事故によって負担しなければならない損害賠償のうちで、自賠責保険の支払限度額を超える損害や自賠責保険では支払われない他人の財産(自動車や家屋、電柱等)に対する損害、自身の自動車に対する損害等を支払いの対象とする自動車保険のことです。

自動車保険には、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険等があり、単独または組み合わせて販売しています(詳細は日本損害保険協会のホームページをご覧ください。)。

なお、対人賠償保険は自賠責保険の「上積み保険」と言われ、自賠責保険を1階、対人賠償保険を2階とした「2階建て構造」と表現するとわかりやすいかと思います。

自賠責・任意の一括払いとは

加害者が自賠責保険と任意保険(対人賠償保険)に加入している場合、被害者が両方の保険に請求する手間をはぶくため、任意保険会社が自賠責保険の部分も含めて(立て替えて)、一括して被害者に賠償金を支払うことがあります。

これを「一括払い」と呼んでいます。 加害者が任意保険に加入している場合には、ほとんどが「一括払い」で処理されています。

「一括払い」は、任意保険会社が事故当初から治療費を立て替えてくれるなど手間が掛からないというメリットがあります。しかし、示談を含めて任意保険会社の承諾を得ない限り、賠償金を受け取ることができないというデメリットもあります。

被害者みずからが、加害者の自賠責保険に保険金の支払いを請求し、その後、自賠責保険ではまかないきれない賠償金を任意保険会社に請求する「非一括」という方法もありますが、どちらがよいのかはケース・バイ・ケースと言えるでしょう。

例えば、最初は「一括払い」で治療費等の支払いを受けるも、その後、示談がまとまらなければ「非一括」に切り替えてしまい、とりあえず自賠責保険から保険金を受け取って、まかないきれない部分を任意保険会社に請求するという方法も考えられます。

無料電話相談