交通事故による損害賠償

交通事故による損害賠償について①

損害賠償額の見取り図

上記が、交通事故による損害賠償額の見取り図です。

交通事故によって傷害を負うと、まず入通院による治療を行なうことになります。 治療中に生じた損害を「傷害による損害」として請求できます。 しかし、残念ながら治療を永遠に続けることはできませんので、「治癒」、「症状固定」「死亡」によって、治療(「傷害による損害」)は終了します。

「治癒(ちゆ)」とは、交通事故で負った傷害が完治したことを言います。 このため、「傷害による損害」のみを請求できることになり、仮に「治癒」以降に何らかの損害が発生したとしても、原則としては請求することができません。

「症状固定(しょうじょうこてい)」とは、治療を続けても現在より症状の改善が期待できない状態になったことを言います。
詳細はこちらをご覧ください。

「症状固定」となりますと「治癒」と同様に、それ以降に発生した損害は請求できません。 しかし、自賠責保険に対し後遺障害の申請をして、後遺障害等級が認められますと、治療中に生じた「傷害による損害」にあわせて「後遺障害による損害」も請求することができます。

一般的に、自賠責保険の後遺障害と認められ「後遺障害による損害」を請求できる場合と、後遺障害と認められない(非該当)ために請求できない場合とでは、賠償額に大きな差が出てしまいます。
詳細はこちらをご覧ください。

「死亡」の場合は、「傷害による損害」にあわせて「死亡による損害」を請求することができます。 こちらの場合は、多額になるケースが多く、また相続も発生するため、行政書士・弁護士に相談されることをおすすめします。

交通事故による損害賠償について②

損害賠償額の見取り図

上記が、交通事故による損害賠償額の見取り図です。

「傷害による損害」

請求できるものとして治療費、通院交通費、休業損害、傷害慰謝料などがあります。
治療費:診察料や入院料、投薬料、手術料等
通院交通費:病院への通院費等
休業損害:交通事故による傷害のために発生した収入の減少
傷害慰謝料:精神的、肉体的な苦痛に対する補償(傷害分)

「後遺障害による損害」

請求できるものとして逸失利益、後遺障害慰謝料などがあります。
逸失利益:障害が残らなければ得られたはずの収入
後遺障害慰謝料:精神的、肉体的な苦痛に対する補償(後遺障害分)

「死亡による損害」

請求できるものとして逸失利益、死亡慰謝料、葬儀関係費などがあります。
葬儀関係費:通夜、祭壇、火葬、埋葬、墓石等に要する費用
逸失利益:被害者本人が生きていたら得られたはずの収入から、本人の生活費を控除したもの
死亡慰謝料:被害者本人、遺族の慰謝料

無料電話相談